博多祇園山笠

福岡県福岡市博多区で行われている博多祇園山笠というお祭りについてまとめてみました(・∀・)b

お祭りって聞くだけでワクワクしませんか?

と言うことで、博多祇園山笠についてです。

博多祇園山笠の歴史

博多祇園山笠の歴史はずいぶん古いです。

始まりとされているのは1241年だそうですよ(;゚Д゚)!仁治二年と言う年号だそうです・・・聞いたことがありませんね(^_^;)

1241年に疫病除去のために聖一国師が施餓鬼棚に乗って祈祷水をまいたのが始まりだそうですよ。この厄払いがのちのちお祭りとして語り継がれているんですね。

歴史が長い博多祇園山笠ですが、ユネスコの無形文化遺産にも登録されるまでになったのですから凄いですよね(・∀・)b

博多祇園山笠の日程

博多祇園山笠の日程は毎年固定されているのでわかりやすいです。

7月1日から7月15日に開催されます。

また、期間が長いですよね(^_^;)

いつ行けばいいの???

なんて思ってしまうかもしれませんが、メインイベントの7月14日から7月15日に行われる追い山に参加するのがベストだと思います。

博多祇園山笠の追い山

昔々の大昔にちょっとしたいざこざがあって、追い山と言うものが生まれました。

そのちょっとした出来事というのが・・・

山笠の華美を競いながら練り歩いていたのですが、その途中で休憩していた一台が別の一台が抜かしてしまったんです(^_^;)そしてそれから追い抜き追い越しを繰り返す大レースになってしまったそうですよ。

これ以来、博多祇園山笠の最後には追い山という追いかけっこを行います。

追いかけっこと言っても迫力はものすごいので必見ですよ(・∀・)b

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする