ニラとスイセンの間違え

今年もニュースになっていますね・・・ニラとスイセンを間違って食べて、食中毒を起こすという問題。

この間違えって意外と毎年出ているんですよ。

ニラもスイセンも家庭で育てることができるのでよく間違えるんです。

そして、ニラもスイセンもお互いがよく似ているんですよね(>_<)これがまた厄介です・・・まぁ似ているから間違って食べてしまうんですけどね(^_^;)

ニラとスイセンの見分け方

ニラとスイセンの葉っぱはよく似ています。

一目見ただけではきっと間違ってしまいますし、ニラにスイセンがが混ざっていても気がつかないと思います。それくらい葉っぱの部分はよく似ています。

ニラとスイセンの見分け方としては、根っこの部分と香りで判断するのが一番かもしれません。

ニラは引き抜くと根っこがあるのに対して、スイセンには鱗茎(りんけい:球根みたいなものです)があります。

ただ、ニラって引き抜かないんです(^_^;)ニラは切ってもすぐにまた新しい葉が生えてくるので何度も収穫ができる素敵な植物。なので、基本的に抜きません。

と、言うことは抜く以外の方法で見分ける必要があるということですね(>_<)

その方法のひとつが葉っぱなんですが・・・ちょっとわかりづらいです。

なので、香りで判断しましょう。

ニラは特有の香りがあるのに対して、スイセンの葉には香りがありません。怪しい場合には香りを確認することをおすすめします。

スイセンの毒性は?

スイセンの葉を誤って食べてしまうと食中毒になるのですが、どんな毒性があるのか?

調べてみました。

スイセンは全部に有毒性が有るのですが中でも鱗茎に最も多くの毒性を有しています。

その毒の成分は主に2種類でリコリンとシュウ酸カルシウムです。

リコリンは食べると嘔吐の症状があります。比較的弱毒性になるみたいです。

一方、シュウ酸カルシウムは法律でも劇物に指定されているくらい有毒です。量によっては死亡するケースもあるみたいです。ただ、スイセンを食べた時にはそのほとんどが嘔吐によって体外に出てしまうことがほとんどなので大事には至らないみたいですが・・・

とうことで、結局のところ間違わないようにするにはどうすればいいのか?ですが、そもそもスイセンとニラを同じ敷地内で育てるのはちょっと危ないですよね(>_<)どうしても両方育てるのなら明確に分ける必要があると思います。

そして、一緒に育てている場合は収穫した際にはすべての香りを嗅ぐことが必要になると思います。少しでもスイセンが混ざっていると食中毒を起こすおそれがありますからね!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする